結婚式や披露宴の撮影、披露宴で流す思い出ビデオの作成をしていました。
思い出ビデオは趣向を凝らしたものを求める方もいれば、基本ベースのあるものに写真を差し替えるだけでいいと、いろいろな方がいました。

新郎、新婦の馴初めなども知ることができ、感情移入して、当日ビデオが流れてる会場で撮影しながら涙ぐんでしまうこともありました。
結婚式の撮影は一発勝負なので緊張しますが、こちらも幸せお祝いムードをいただくので楽しい時間でもありました。

控え室でメイクや着付けの撮影時、緊張からか神経質になっている新婦さんもいて、
何気ない「おきれいですね」「今日は輝いてますね」の言葉に
「どういう意味で言ってるの!?いつもはきれいじゃないとでも?いつもは輝いてないと?」と声を荒げた方もいました。

田舎の方では、生家を出て墓参り、嫁入りする家の墓への挨拶、そのあと式場へと1日がかりの撮影もあったり、
知らないことばかりで勉強になることもあたくさんりました。
マニュアル がない分、難しくもあり、でもやりがいもある仕事でした。