私の趣味は、子どもたちに絵本や本の読み聞かせをすることです。
きっかけは、下の子どもが産まれたために、上の子どもが保育園を退園することになり、日中の時間を持て余したためです。

下の子どもはまだまだ赤ん坊。病気感染が怖くて、遠出したり幼児が多いところに連れて行くことができなかったのです。
幸い、徒歩圏内に図書室がありますので、お天気の良い日は散歩がてらそこへ行きました。
子どもたちに絵本を自由に選ばせ、帰宅後は私の膝に座らせます。
私は子どもと一緒に絵本を覗き込みながら、読んでいきます。もう一人の子どもは、私の横に座らせておきます。

時に声音を変え、アクションのある内容なら絵本を動かしたりしながら、みんなで楽しみながら読んでいきます。
子どもたちの重みに成長を感じつつ、懸命にページをめくろうとする短い指先に微笑みつつ、読み進めます。
そうしているうちに、語彙力や表現力もつき、楽しいおしゃべりができるようになりました。
子どもたちが「ママ読んで!」と言ってくる間は、私も楽しんでいこうと思っています。