私の趣味は洋裁です。中学3年生の時にミシンをプレゼントされて以来どっぷりとはまってしまいました。
1枚の布が私がミシンを掛けたり、手で縫うことで形になっていくことがとても嬉しく、その喜びを又味わいたくていろいろと現在まで作り続けてきました。

私がよく作るのはワンピース・パジャマ・ポーチ類・エプロン・テーブル周りのいろいろです。
飾ったりする物よりは、実用的で必要だと思ったから作るという感じです。

例えば雑誌を見ていて、「この服可愛いな」って思うと値段をチェックし、「高っ」と思ったらイコール「作ってみよう」となる訳です。
決してプロ級の腕前などということはないので、雑誌に掲載されている服とは、少し(かなり?)違うとは思いますが、自分では大体満足いくものができていると思っています。

洋裁を始めたことでの楽しみの一つが布屋さんに行くことです。
作るものを頭に思い浮かべながら、布の特徴・色・デザイン・肌触りなどを吟味する楽しさは、洋裁をしている人の特権ではないかと思うくらい至福の時間です。
そうやって買ってきた布と糸で自分が欲しかったものを形にしていくのは本当に楽しいものです。

きっと、これからもずっと私は洋裁を大切な趣味として楽しんでいると思います。
ちなみに中学三年生の時にプレゼントされたミシンは今も活躍してくれていて、大切な相棒です。