広島県へおつき合いしている彼と旅行に行った際、宮島の弥山を大元コースを使って登りました。
フェリーを降り、ほとんどの人が厳島神社へ向かう中私たちだけ弥山の方へ。

秋に行ったので、ロープウェーに乗って登山口へ向かうまでの紅葉がとっても綺麗でした。
紅葉している木々の上を登っていくので、本当に絨毯の上にいるような気分で、紅葉をバックに写真を撮影するなど登山が楽しみになる素敵な時間でした。
弥山に着いてから、3種類ある登山コースの中から私たちは一番大変な大元コースを選択しました。

岩や階段が多く、足元をとられやすかったり転びそうになったりしましたが、途中休憩したり、景色を楽しみながら歩き、
約3時間ほどかけてなんとか頂上へ到着した時は達成感を感じることができました。
本来は2時間ほどで登れるようなので、私たちはゆっくり景色を楽しみすぎたようです。

弥山は、厳島神社から見る海とは反対側の海の景色を楽しむことができて、広い海を見て疲れた気分をスッキリさせることができました。
また海の奥に広島県が広がって見えて、広島を上から一望する貴重な体験もできました。
私たちが弥山を登った1番の目的は、恋人の聖地、消えずの霊火堂へ行くことでしたので、次はそこへ向かいました。
1200年以上前から燃え続けている火で炊いた白湯をいただき、参拝してきました。

帰り道は行きとは違う景色をまた楽しみながら、ゆっくり降りました。
想像以上に体力が必要でしたが、秋はとっても景色が綺麗で登るだけの価値があります。
帰りは宮島で牡蠣などを堪能しました。

宮島といえば厳島神社が有名ですが、弥山もなかなか素敵なところで、ぜひぜひ行っていただきたい場所です。
本格的な登山の格好をしなくても、私服にスニーカーで登れるので、女性にもおススメです。